森脇由美子さんのテディベア・フェネックを購入しました。その写真です。真っ白なお狐様みたいで凄く可愛いです。

0
     

    絵のモデルになんちゃって人形着物を縫ってみた!着物ってすごいね。身八口がどうして女性にはあるのか分かったよ。

    0
      着物絵の依頼が多くて、そのたびに実は苦労していた「着物の皺」。

      着物って洋服とは全く違う作りなので、皺の出方、位置、そういったものが独特なのです。
      絵を描くものなら一度は思ったことがあると思う!!!

      ……着物の袖、どーなってんのこれ、どう書けばいいの……。


      それを一挙に解消する秘密アイテムがこれだ!!!



      縫ってみた。


      実に原始的。


      人形はこれがありがたい。
      ボディラインはね、所詮人形なのでポーズが堅くてあまり参考にならないのですが、服の皺は本当に助かります。
      で、手元に女の子は着物でいたのですが、男子の着物モデルがいませんでした。

      (実は昔月花姫歌の絵を描いた時も、あれは狩衣だったか、の人形衣装を友人に借りてそれを人形に着せて、細部をスケッチしておりました)

      絵の参考になる程度には人間が着て出る皺と似た皺が出てくれないと困るため、布はうすめで人形のサイズに合うものがよかった。手元にある布で、まあそこそこ適当で縫いやすい布を選んでちまっと作りましたが、すっごい適当です。

      欲しいのは皺だから。
      この一点に尽きたので、背縫いも省略。腰あげだの肩当てだの何にもなし。
      男性着物の平面図だけを見て実に適当に縫ってみた。

      端処理などをするとその部分が重くなって皺に影響してしまうので、袖口も切りっぱなしです。
      そのうち端処理のネ申、ピコさまにでもご登場願いましょう。(布のほつれ防止剤。塗っておくと布がほつれなくなるという神)


      ……意外と、形になるのね…驚いたわ…。
      まあ。和裁は一切習ったことがありませんが、何着も着物をほどいた経験はあるので、その時に素人なりにおぼろげながら得た知識もあったのでしょう。なんとかなりました。
      手縫いで型紙なしでどうだろう、6時間ぐらいだろうか…。
      まあ、縫うのを省略してアイロンで接着できる接着テープなども大いにご登場願いました。チートです。

      ありがたいです。
      これで着物絵を描くのがきっと一気に楽になるはず><。
      きっとそう!!!

      そう、そしてね。
      縫っててはじめて気がつきました。
      なぜ女子の着物には身八口があるのか。
      男子にはないのか。

      身八口とは、女性の着物の縫われていない脇部分のこと。
      あれは湿度の高い日本において快適に過ごすために縫われていないのかしらと思っていましたが、違いました。

      おっぱいがあるから!脇縫いがないんだよ!!!!
      (いや手を入れるためとかそういうのじゃなくて)

      日本の着物は直線縫い、ほぼ長方形の布を縫い合わせるだけで作られています。
      洋服みたいな立体裁断じゃないのに体に沿って着ることができるのは、あれがあるからだったのだ!

      そして、男子にはおっぱいがないから、脇が閉じているのだ!!

      そうでないと、着物は身体に沿わなくて、変なゆがみやたるみが出てしまうのです。



      発見。おどろきでした。
      そうだったのかーーー。


      というわけで、写真をいろいろ撮ってみました。
      お暇な方だけどうぞ。

      人形の着物写真まとめはこちらです。


      HPの人形写真コーナーを更新しました。

      0
        長らく放置しておりました、サイトの人形写真コーナーにページを足しました。
        実に2年ぶりです、申し訳ない!
        いやそれを言ったらボカロも、サイトは全く更新していないのですが…orz

        ブログで済ませてしまってます、申し訳ない。

        ホームページの人形関係ページのトップはこちらです。


        いつも言っているのですが、人形は自分の絵がそのまま立体になるのが面白くて、ずっと遊んでいます。
        私にとっては立体落書きです。そしてその写真もまた、構図の撮り方など絵を描くのと同じなので、カメラを使ったインスタントお絵かきなのです。


        今回はこの2体の写真です。
        それぞれクリックすると、該当ページに飛びます。

        ユノアルシスカスタム


        ユノアシストカスタム(男子ボディ)



        絵も描いてます!
        ただこう、発表時期の縛りがあって、出せないだけなのですよー!!
        また出せる時期になったら、どどどっとお目にかけることができると思います。



        私は当たり前の、いつもどおりのエンターテイメントをお届けできたら一番いいなーとひそかに思ってます。


        シストヘッド落書き。

        0



          ちゃんと一眼で撮ってみた。一眼で撮るとさすがに落書きなので粗さがありありと浮き彫りになるが、雰囲気は分かるからよしとしよう。
          どうやって仕上げようかなー。
          とりあえず方向性は決まったから、また一度おとして艶消しスプレー吹こうかな?
          数年ぶりなのですっかり手順を忘れている。

          ええと、艶消し吹いて、パステルと水彩色鉛筆と、なんだっけ、プラモデル用のカラー…、ミスターカラーだったか?を併用かな…。艶消しはあとの方がいいんだっけ??

          調べてきまーす。

          アイは12mmのプラスチックアイを使用しています。
          リアリスティックアイだったか、ポリマーアイだったか…ヘイゼルという色だったはず。
          12mmグラスアイも注文したし、プードルボアも注文しよう。
          ああ、また金かかるのね、お前…。やばいやばい、自制、自制。

          メモ。ユノアシストヘッド、フェイスペイントのあたり下書き。実際に書く前のイメージメイキングです。

          0
             久々に人形熱が戻っているので、手元のシストヘッドのフェイスペイントに少し動きだしてみる。
            シストヘッド、難しい…!

            このドールは錬金術工房さんのユノアシリーズのシストというヘッドになります。

            ↑錬金術工房さんです。
            シストは白い髪のほう。
            シストとルシスという型番ですが、両方所有しています。
            ルシスはこちら。顔わかりにくいけど!ずっとこのフェイスを愛でていたんですが、一念発起して死蔵していたシストヘッドも書くことに。


            ドールヘッドは樹脂製で、フェイスペイントを簡単に落としたり載せたりできます。
            やすりで削って造形をいじることもできます。
            (これをフェイスカスタムといいます)

            続きは、結構マニアックになっていくので、続きに書きますね。


            続きを読む >>


            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            SNSアカウント

            マイリスト

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ギルティクラウンの考察
              裏花火(管理人)
            • ギルティクラウンの考察
              とにー
            • ビンテージ万年筆 オスミア・ファーバーカステル フレックスニブのレビューです。#万年筆
              とらきち
            • 刀剣人物伝 真打のこと
              撫子
            • インク工房とペンクリニック
              なばな
            • ドライフラワーで色々作ってみました。今まで集めてきたガラクタがちょっとした置物になる、かも。
              裏花火(管理人)
            • 天気管をつくってみた。樟脳の結晶で天気を予報する18世紀の天気予報機具です。
              裏花火(管理人)
            • 蓮の植え替えをしました。#蓮 #園芸
              裏花火(管理人)
            • 蓮の植え替えをしました。#蓮 #園芸
              ねこまる
            • 天気管をつくってみた。樟脳の結晶で天気を予報する18世紀の天気予報機具です。
              君島哲夫

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode