【歌詞】テネレの木

0
     ツイッターでNezmozzさんがテネレの木、という存在について呟いていらっしゃって、その存在を知りました。


    テネレの木(Arbre du Ténéré)は、ニジェール中央部のテネレ砂漠に1本だけ立っていた木。地球上で最も孤立した場所に立っていた木として知られ、最も近い他の木から200km以上も離れた場所に立っていた


    この木はアガデスからビルマ (ニジェール)を結ぶルート上に位置し、ビルマの塩を運ぶキャラバンの目印として何年にもわたって利用されてきた。現在では木は失われたが、現在でも400万分の1地図の地図上でテネレの木のあった場所(北緯17度45分、東経10度4分)にはArbre Perdu(失われた木)との表示がある。テネレ砂漠の中央部にあるが、世界遺産であるアイル・テネレ自然保護区からはわずかに外れている。

    テネレの木は、今日のようにテネレが砂漠化する前に生育していた木の最後の生き残りであると考えられている。樹齢は約300年と考えられており、木は何十年も一本だけの状態で立っていた。1938年から1939年の冬の間に木のそばで井戸が掘られ、木の根が33mから36m下の地下水面にまで延びていることが発見された。この地方のトゥアレグ人などの遊牧民やキャラバンからは、目印としての重要性やなにもない砂漠の中に1本だけ生えている神秘性から重要視され、切り倒して薪や飼料にすることのないよう大切に保護されていた。




    とのこと。
    現在は失われてしまった木です。1973年のことです。
    その顛末については調べてみてください。


    で。
    こんな話を聞いたら、ざーっと情景や感情が浮かんでくるじゃないですか><。

    稚拙でも、湧き上がってきた感情は形に残しておきたいと思い。歌詞を書きました。


    …相変わらずこっぱずかしい話です…。
    歌詞をさらすのは、恥部をさらすにも等しいと個人的には思います…
    なので、折りたたんでおきます。
    自分でも稚拙な歌詞だと思います。また、機会があれば書きなおすかもしれません(ひねりがなさすぎて…orz)


    でも。この感情を忘れないための覚書と思えば、いいのかなあと思っています。

    ワンクッション。
    同じ熱い土地の花、月下美人の写真でお茶を濁したあと、歌詞を張ります。

    興味のある人だけ、見て、笑ってやってください…。


    ちなみにこちらが、テネレの木のグーグルマップだそうです。
    …ちゃんと読みこまれてますよ。






    歌詞"タテガミ"(書留め覚書)

    0
      ふ、と耳に残ったタテガミと言う単語から、

      ほわーっと浮かんだものがあったので書きとめておきます。


      写真は少し前に撮ったもの。詞のイメージ。
      こんなかんじ。
      もっと言葉選んで作りたいなあ…。
      タテガミと言うモチーフはすごく好き。
      ↓クリックすると大きな画像で見られます。


      走り書きの歌詞

      0
         某所で某氏と先日話していた歌詞の走り書き。

        実際には音先と言う話なので
        これは使われることのない歌詞ですが、
        慣れないジャンルの歌詞なので
        練習がわりに書いています。

        決まっている内容コンセプトは、

        女性マスターとレンの歌。


        ありがちなストーリーのものをとりあえず一個。

        もっと違う視点のものも展開しようかなーと思ってるんだけど、まあ。
        ありがちはありがちで。

        ひとまず、書いていくことでなんかわかることもあるかも。


        作詞は楽しいです。
        もっとたくさん書きたいなあ。
        お呼ばれしてもらえるようにガンバろ。

        自分が恋愛向きじゃないのは知ってるんだけど!(笑


        【歌詞】ポーランドで大統領機が落ちて

        0
          追記 こちらの歌詞は、曲をつけて頂けることになりました。
          ありがとうございます!!
          今のんびり企画が進行中です。またお知らせいたします!


          ニュースで見て
          なんだかもやもやして
          なんとなく気分が晴れないので
          歌詞を書きました。




          歌詞は続きに置いておきます。

          泣いてるレンの絵と歌詞

          0






            クリックすると大きくなります。
            さらっと書いた落書きだったんだけど、結構いい顔してくれたのでさらっと塗りました。
            落書きだったので年齢もフリーダムに画きやすく書いてたら、これ一体何歳!?という絵に(笑)
            本当に、少年を書くのが苦手なんです…、書いてるけど、すっごい苦労しています。
            やっぱりこれくらい年齢が上がると書きやすいなあ。
            表紙風にレイアウトしてみました。漢字は美しい。

            裸で正面絵なのは、多分に昨日届いたバルシェさんCDの白皙さんのジャケット絵の影響だと思います。私はああいう絵が描けないので、うらやましいですねー!
            とても美しかったです。ほれぼれ。
            曲は、二息歩行が一番好きでしたvいい声!



            続きには、この絵でちょろっと書けた歌詞を絵と一緒に載せておきます。

            続きを読む >>


            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            SNSアカウント

            マイリスト

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ギルティクラウンの考察
              裏花火(管理人)
            • ギルティクラウンの考察
              とにー
            • ビンテージ万年筆 オスミア・ファーバーカステル フレックスニブのレビューです。#万年筆
              とらきち
            • 刀剣人物伝 真打のこと
              撫子
            • インク工房とペンクリニック
              なばな
            • ドライフラワーで色々作ってみました。今まで集めてきたガラクタがちょっとした置物になる、かも。
              裏花火(管理人)
            • 天気管をつくってみた。樟脳の結晶で天気を予報する18世紀の天気予報機具です。
              裏花火(管理人)
            • 蓮の植え替えをしました。#蓮 #園芸
              裏花火(管理人)
            • 蓮の植え替えをしました。#蓮 #園芸
              ねこまる
            • 天気管をつくってみた。樟脳の結晶で天気を予報する18世紀の天気予報機具です。
              君島哲夫

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode