天気管をつくってみた。樟脳の結晶で天気を予報する18世紀の天気予報機具です。

0
    天気管というものがあります。
    これは、フィッツロイの天気管と呼ばれるもので、その昔種の起源を発表したダーウィンが乗船していたイギリス海軍の観測船ビーグル号にも備えられていたと言われる器具です。

    天気によって結晶のでき方が変わり、その様子で天気を予報するものですが、現在の研究において結晶の様相と実際の天気の正確な対応は実証できない、とされています。

    が、これが本当にきれいなのです。

    最初に見つけたのがこちら。

    なんだこれは!きれいだ!面白い!でも高い!?(3万円近い)

    [↑販売サイトより画像を借りています]

    上記サイトに動画のリンクもあります。YOUTUBEで見られます、面白いです。
    本気で3万円払って買おうかしら!!と思った……のを思いトドまる。

    で、ここからいろいろ調べたら、国内での販売は現在1件だけ。
    それも8000円近い(アマゾンにあります)
    そして、手作りしている人たちも少数ながらいるようでした。

    ……なので、そういった先人の知恵に習い、作ってみました。ありがとうございます。


    材料はこちら。
    エタノール、水、塩化アンモニウムと硝酸カリウム。あと樟脳です。
    どれもとても身近な材料。
    塩化アンモニウムと硝酸カリウムは食品添加物です。
    ハムの赤味を出すために塗られていたりするものですし、エタノールは言うまでもなく消毒薬。樟脳は日本では昔から着物などの防虫剤に使われてきました。
    素人が扱ってもさほど危険性の無い薬品ばかりだと思いましたが、現在硝酸カリウムの個人入手はテロ対策のため困難になっております。(黒色火薬の原料になるためです)



    樟脳は、私は1年以上前に…、たしか、数年前…、あれは…3年くらい前だと思う…に購入したっきり箪笥の奥にしまわれていたもの。
    水分を吸って、水分吸った砂糖みたいに固まってダマになってました。
    まあ、ダメだったらまた買えばいいわと思って、まずはこの使い残りで作ることに。
    樟脳はエタノールに溶かしますが、エタノールも樟脳も匂いが強いので猫は逃げていきました。
    まあ、猫が舐めても少量ならびっくりするくらいで死にはしないと思うけど。
    樟脳は気中濃度が高くなると目が痛くなったり咳が出たりしますので、換気は必要。




    それぞれ溶かします。あーー、硝酸ナトリウムになってますが、硝酸カリウムが正しいです。
    使用した料理用の電子秤は小数点以下が測れないので、かなりいい加減な分量です。
    樟脳に至っては、水分を含んでいたので、おそらく樟脳だけの重さより重くなってるだろうという予想のもとに、多めに入れました(それも適当)
    とにかく、「大体5g」「大体60cc」というようなアバウトさで作ってみた。


    これを混ぜるだけ。


    混ぜたものを買ってきておいたガラス製の100ccサンプル管に移しました。

    混ぜるまではなんともなかったプラスチックスプーンが、混ぜたとたんに化学反応で劣化しました。(表面が若干溶解した感じ)
    なので、プラスチック容器では絶対だめ。
    この容器も蓋がプラスチックなので、近いうちに入れ替えないとだめだなと思いました。








    放置しているとだんだん中の結晶が分離して落ち着いてきました。





    細かい状況は画像をクリックしてコメントを読んでください。

    で、翌朝。


    おー!

    割とちゃんとそれっぽく結晶を結びました!
    こんないい加減な作り方でも、それなりになる模様。


    さらに今朝。



    晴れた日、暖かい日には完全に結晶は溶けて無色透明な液体だけになるはずですが、多分内容量がいい加減なため、よほど気温が高くないと下部結晶は消えない仕様となった模様。
    規定より樟脳の濃度が高いんだと思う。



    でも面白くてきれいです。
    一眼使ってマクロ撮影したものはまたアップします。
    ちょうどいいガラスの入れ物がなかなかないのが問題だなあ。
    リキュールなどのミニチュアボトルがふたも金属でガラス製瓶でちょうどよさそうなんだけど…。入れ物だけ売ってないかしら…。





    コメント
    また何作ってるんだか……(笑)
    • 2011/06/06 11:19 PM
    君、好きだろうwww
    • 裏花火
    • 2011/06/07 1:21 AM
    ミニュチュアボトルではないのですが、ガラス容器の通販サイトがいくつかあります。
    価格も手頃なので参考までに

    http://www.takamura-can.co.jp/ 

    http://www.jam-bin.com/
    • 名乗るほどのものでは・・・
    • 2011/06/12 12:30 AM
    わーー!!ありがとうございます!!
    探してみます!!
    • 裏花火(管理人)
    • 2011/06/15 2:51 PM
    今度ストームグラスを作ってみたいな、と思ってました。

    手作りでの作成費用は、全部でいくらくらいかかったか教えていただけますか?(^_^*)
    • さとる
    • 2014/06/30 11:44 AM
    ブログを見て頂いてありがとうございます。
    確か…3000円程度だったと思います。
    薬品を取り寄せるのが少し手間ですが、
    それ以外は通販で滞り無く集められました。
    頑張って作ってみてください!
    • 裏花火(管理人)
    • 2014/07/14 3:30 PM
    ストームグラスを学校の化学部で作りたいのですが薬品の分量を教えていただければありがたいのですがよろしくお願いいたします。
    • 君島哲夫
    • 2014/08/20 9:55 AM
    い、一年たってしまってごめんなさい!
    薬品の分量は私もネットで検索して作りました。
    メモしておけばよかったのですが、手元にメモがなくてお答えできません…、申し訳ないです。
    でも、ネットで検索していれば必ず見つかると思います!
    • 裏花火(管理人)
    • 2015/06/22 2:07 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    SNSアカウント

    マイリスト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ギルティクラウンの考察
      裏花火(管理人)
    • ギルティクラウンの考察
      とにー
    • ビンテージ万年筆 オスミア・ファーバーカステル フレックスニブのレビューです。#万年筆
      とらきち
    • 刀剣人物伝 真打のこと
      撫子
    • インク工房とペンクリニック
      なばな
    • ドライフラワーで色々作ってみました。今まで集めてきたガラクタがちょっとした置物になる、かも。
      裏花火(管理人)
    • 天気管をつくってみた。樟脳の結晶で天気を予報する18世紀の天気予報機具です。
      裏花火(管理人)
    • 蓮の植え替えをしました。#蓮 #園芸
      裏花火(管理人)
    • 蓮の植え替えをしました。#蓮 #園芸
      ねこまる
    • 天気管をつくってみた。樟脳の結晶で天気を予報する18世紀の天気予報機具です。
      君島哲夫

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode